×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

育毛とアミノ酸

■□ 育毛知識−メチオニンへの疑問 □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

メチオニンの重要性

抜け毛防止や育毛の意味からも、もし、シスチンが不足してしまっては薄毛(男性型脱毛症)発症にも繋がりかねず、大問題なのは間違いありません。その事から「体内でシスチンを生成するメチオニンは重要」といった事を前項までにお話ししてきました。ただ、これは、裏を返せば、「メチオニンがシスチンを生成しなくても、食事からしっかりとシスチンを摂取すれば問題ないのでは?」といった考え方にも繋がりそうです。しかし、メチオニンがシスチンにとって欠かせない存在である、もうひとつの理由が、実は、この点から見えてくるのです。

 
BE USEFUL***

体内生成の必要と男性型脱毛症

薄毛問題育毛の際の必要性からも、

「メチオニンがシスチンを生成しなくても、食事からしっかりとシスチンを摂取できていれば問題ないのでは?」
この考え方は間違ってはいないのですが、メチオニンがシスチンにとって欠かせない、もうひとつの理由、それは、
 

「食事からシスチンを供給しようとしても、シスチンを多く含む食材としてのタンパク質がほとんど存在しない」
 
 という事なのです。

育毛の為の心得

シスチンを含むタンパク質は僅かに、鶏レバーや凍り豆腐が挙げられるくらいです。
海苔・大豆・さんま等にも含まれてはいるのですが、含有量は少なく、それらを食事で摂取したからといって身体の健康や、男性型脱毛症の予防、発毛に効果があるだけのシスチン量かといえば、そうとはいえません。
 

この事からも、このシスチンの体内生成を支えるメチオニンがいかに育毛・発毛にとって大切なアミノ酸であるかが分かって頂けると思います。食事からの摂取不足を気にするなら、むしろメチオニンの方に気を使うべきかもしれません。抜け毛予防や育毛の為にも十分量摂取しておく事を心がけてみて下さい。
 

次項へ
 

KATEGORIE***

育毛とアミノ酸

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。