×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

育毛とアミノ酸

■□ 育毛知識−メラニン色素 □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

メラニン色素は2種類

コルテックスメデュラに含まれるメラニン色素は主に私達の毛髪の色に関わっています。メラニン色素は毛髪の3%ほどを占め、黒褐色系のユウメラニンと黄赤色系のフェオメラニンの2種類から成る事が知られてします。

 
BE USEFUL***

メラニン色素の生成

メラニン色素の生成は毛髪タンパク質、ケラチンを構成する、18種類のアミノ酸の一つ、チロジンの働きによります。毛母細胞付近にはメラノサイトと呼ばれる色素形成細胞が存在するのですが、そこにチロジン酸化酵素が作用し、酸化重合を起こす事でメラニン色素は誕生するのです。
毛髪はここで作られたメラニン色素を角化細胞に取り込みながら成長していきます。ですから、その色はここで取り込まれるメラニン色素の特徴により左右される訳です。

毛髪の色調決定

毛髪の色調はメラニン色素の量や大きさ、ユウメラニンとフェオメラニンの混合比の混合比などで決められます。メラニンが大きく、たくさんある程、毛髪は黒く、少なく成る程、その色はブロンドや白に近づいていきます。

紫外線と育毛

上記のようなメラニン色素の大きさや量の違いは毛髪を保護する仕組みに関係があります。毛髪を始め、皮膚の表面はメラニン色素によって紫外線の害から守られています。そのため、紫外線が強い地域の人種にはメラニン色素が多く、少ない地域においては、メラニン色素が少ないという違いが生まれたという訳です。
 

毛髪を紫外線から守り、潤いを保つ事は、抜け毛予防などにも関わり深いテーマです。私達の毛髪の色が薄毛(男性型脱毛症)や発毛の話とも繋がる事は以外と思われる分、覚えておいて損のない育毛知識かもしれません。
 

KATEGORIE***

育毛とアミノ酸

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。