×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛
育毛剤×抜け毛リンクメニュー
見つけましょう。あなたにぴったりの育毛・抜け毛対策

■育毛剤×抜け毛■

必要な知識を身に付けて、悩みとなる抜け毛を改善、有効な育毛剤を考えるHP

更新日03月04日
抜け毛予防にはどのような育毛が大切か。抜け毛が気になるなら早めの薄毛対策は必須。最適な育毛ケア。抜け毛の原因を詳しく紹介。

育毛剤×抜け毛画像

Close up 育毛剤×抜け毛

抜け毛最大の原因は?

「ジヒドロテストステロン」、通称DHTが抜け毛の最大原因と言われています。男性ホルモンのテストステロンが変質したもので、変質するのは「5αリダクターゼ」という酵素が原因と考えられています。抜け毛改善を目的とした育毛剤の優劣は、この「5αリダクターゼ」をいかに押さえ込むかが1つの目安になっています。代表的な育毛剤としては「飲む育毛剤」として2005年に日本でも購入可能になった「プロペシア」などは「5αリダクターゼ」を抑制し、抜け毛を予防するといった仕組みを有しています。
ちなみに、「プロペシア」より以前に日本で発売になり話題を呼んだ「塗布系育毛剤」の「リアップ」は有効成分「ミノキシジル」といい、「5αリダクターゼ」に働きかけ、抜け毛を予防するというよりも血行の促進作用によって抜け毛を防いでいると考えられています。

 
育毛剤×抜け毛のロゴ
 
BE USEFUL***

記号 抜け毛への歩み

毛髪がある為に発生する抜け毛という悩み。しかし、私達の遠い祖先たちは全身を体毛に覆われ・・・体毛は序々に消失していったのですが、しかし、毛髪だけは、この進化の過程に乗り遅れたかのように頭部に取り残されます。これが、抜け毛問題の大元とも言える、この話の核心なのですが、毛髪には毛髪として頭部に残るだけの大切な役目、重要な意味があったのです。
抜け毛のルーツは遠い昔の? ≫

記号 育毛剤が必要になる危険信号

「抜け毛を減らしたい」、「いい育毛法を見つけたい」と思うなら、ケラチンのアミノ酸組成のバランスを崩さないよう、必要以上の・・・
パーマによって毛髪に変化をつける事が育毛を考える上で非常にマズい事はよく知られてします。パーマを切っかけに抜け毛が増え、男性型脱毛症を発症した、といった話もよく耳にします。パーマが毛髪にクセをつけられるのは・・・
摂取した食事から効率よくケラチンを合成するには新陳代謝を活発にし、新しい細胞を作らなくてはなりません。新しい細胞を作るとは、毛髪を成長させる事ですから、抜け毛改善には必要なポイントです。
亜鉛・鉄・ビタミンB6が、これを促し・・・
ケラチンを抜け毛予防に役?立つか? ≫

記号 育毛剤の効果と抗酸化作用

メチオニンは抗酸化ミネラルであるセレン(セレニウム)に働きかけ、体内の抗酸化機能を高めてくれます。その事からメチオニンを十分に摂取していれば、身体の免疫力向上、老化防止にも効果があるのではないかと考えられています。身体を若く保つ事は効果的な育毛や発毛にも関わり・・・
「毛髪や育毛剤の効果にとって重要な役割を持つのがシスチンなら、それを、組成するために重要な役割りを持つメチオニンもまた、毛髪や育毛にとって重要なはずである」、という理屈、考え方は間違っていないばかりか、毛髪の正常な発毛やその成長を考えた場合、見逃してはならない必須ポイントだと・・・
この考え方は間違ってはいないのですが、メチオニンがシスチンにとって欠かせない、もうひとつの理由、それは、
「食事からシスチンを供給しようとしても、シスチンを多く含む食材としてのタンパク質がほとんど存在しない」という事・・・
毛髪を構成する18種類のアミノ酸にはこの9種類、全ての必須アミノ酸が含まれています。育毛剤や発毛剤を効果的に使用する為にも、これら必須アミノ酸が不足しないよう・・・
抜け毛対策としてのアミノ酸 ≫

記号 抜け毛のリスクと「テストステロン」

・・・この「テストステロン」の分泌が活発であり、また受容体がこの「テストステロン」に敏感であればある程、薄毛・抜け毛のリスクは高くなると言われています。 テストステロンは主に筋肉の増強や体毛を濃くする等の働きがある事が知られていますが、・・・
育毛・発毛を阻害する「テストステロン」が生成される事実と考えあわせれば、薄毛・抜け毛の停止も、それ程、的外れとはいえません。効果的な育毛には「テストステロン」の抑制を考えなければならない、という良い・・・
薄毛・抜け毛タイプには「男性ホルモン」型以外にも「生活習慣型」、「ストレス型」などが代表的ですが、育毛・発毛を行っていく上でもっとも気になるのは、その改善率ではないでしょうか。 改善率が最も低いのは「男性ホルモン」型でしょう。やはり、「抜け毛・薄毛を発症し易い体質」を育毛剤などで・・・
副作用の可能性も否定できない医薬品系の育毛剤・発毛剤に対して、医薬部外品として天然成分によって「男性ホルモン」をコントロールする育毛剤もありますが、これが、どれ程、抜け毛が減り、薄毛解消に役立つのか効果の程は定かではありません。天然成分であれば、・・・
育毛剤では変えられないものとは? ≫


KATEGORIE***

ページ総数(103)

 

Special Thanks
抜け毛薄毛超理論型育毛法 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査 抜け毛薄毛育毛Q&A


Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。