×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

育毛とアミノ酸

■□ 発毛効果以外のシスチン □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

シスチンの意外な働き

シスチンは育毛や毛髪の組成の関わる以外にも私達の身体を守る働きをしています。シスチンは含流アミノ酸として分子内に硫黄を含む特徴があります。体内に銅などの有害物質がある場合、硫黄はそれらと反応する事で解毒作用を示すのです。男性型脱毛症や育毛の話以外でも、シスチンは私達の身体になければならない物質といえます。

 
BE USEFUL***

皮膚を守る

私達の身体にとって、海水浴や屋外のスポーツ、日光浴などで浴びる紫外線は有害なもの。その為、体内では、皮膚細胞が傷つけられないようにメラニン色素が生成されます。しかし、紫外線を受け続け、メラニン色素が過剰に生成されてしまうと、皮膚表面にはシミができてしまう訳です。
シスチンには紫外線のほかにも放射線やX線に対する皮膚への影響を軽減する作用があると言われています。つまり、十分な量のシスチンを摂取していれば、薄毛や抜け毛の予防のみならず、皮膚ガンの予防にもなるというのです。

美白効果

メラニン色素の皮膚への影響を防ぎ、シミの出現防止に効果があるとして有名なのはビタミンCですが、シスチンも近年、同じようにメラニン色素を防ぐ有効成分として注目されています。
「美白作用」がウリの化粧品などには、このビタミンCとシスチンが配合されている事が多く、その相乗効果による「美白作用」は個人差はありますが、シミのもと、メラニン色素の減少に役立つのは確かなようです。
シスチンは毛髪の主要アミノ酸として男性型脱毛症や食事を通じての育毛に関わる以外にも、身体に対する作用は多岐に亘り、私達を守っています。


育毛には余裕をもって

「抜け毛が気になる・・・」
「効果的な発毛に繋がれば・・・」
 

とシスチンを食事やサプリメントから積極的に摂取しようと考えているなら、このような「育毛以外の効果」にも目を向け、知識として吸収しておく事も悪くないかもしれません。
ストレスの観点から考えても、それ位の余裕のあるスタンスで、薄毛対策に取り組む方が良い結果に繋がる可能性は高いのではないでしょうか。
 

抜け毛防止−シスチンを含む食材
 

KATEGORIE***

育毛とアミノ酸

PAGE
< Back   Next >

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。