×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

botan 育毛【最前線】薄毛生活習慣型抜け毛botan 育毛【最前線】薄毛

■□ 活性酸素で抜け毛が増える □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

まだある抜け毛要因

体内に摂取されたアルコールが肝臓において分解される過程で、抜け毛や薄毛に関わるアミノ酸減少を引き起こすことは前項で話ましたが、ここで、もうひとつ重要な抜け毛要因となり得るのが、「活性酸素」です。

 
BE USEFUL***

水分量の低下が育毛の障害に

肝臓がアルコールを分解する過程で「活性酸素」は発生します。活性酸素とは、健康情報などにも良く登場するので、ご存知の方も多いと思いますが、一般的にガンや生活習慣病といった病気や老化進行などの原因のひとつと考えられているものです。


私たちの身体は、この活性酸素を抗酸化物質によって除去するのですが、ここで必要になるのも、何度も名前があがった、「シスチン」や「メチオニン」を初めとしたアミノ酸なのです。大量にアルコールを摂取し、活性酸素が体内で増加すれば、それを除去する大量の抗酸化物質=アミノ酸が消費されてしまいます。


アミノ酸は健康な毛髪の生成に欠かせない訳ですから、大量消費によって不足がちになれば毛髪は十分な栄養を摂取できない状態になってしまうのです。


健康な毛髪、つまり薄毛に繋がるような抜け毛がなく、毛髪がよく育つ環境というのは、アミノ酸バランスのしっかり取れた毛髪が前提になります。そのバランスが崩れれば、水分量も低下し、育毛にも障害が生まれてしまいます。


ビタミンB1の不足と抜け毛
 

KATEGORIE***

抜け毛の原因

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。