×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

botan 育毛剤×抜け毛育毛の基本botan 育毛剤×抜け毛

■□ この影響が薄毛に繋がる □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

複合的な薄毛要因

「合成界面活性剤」が身体や育毛に悪影響を及ぼす事はこれまでお話してきた通りなのですが、では、具体的にはどのような仕組みによって、それは起こるのでしょうか。薄毛を進行させる要素はいくつか挙げる事ができます。

 
BE USEFUL***

kkk

「合成界面活性剤」が育毛や薄毛予防にマイナスに働く理由は、次のような事が挙げられます。

  • 細胞組織への攻撃と、それを破壊する性質
  • 「タンパク質変性作用」によるタンパク質破壊

細胞組織への攻撃は発毛や育毛に重要な意味を持つ、毛母細胞にダメージを与えます。細胞が活発に分裂と増殖を行えない環境は抜け毛になりやすい毛髪を育てますから、薄毛(男性型脱毛症)の発症を懸念せざるを得ません。
 

また、「タンパク質変性作用」でダメージを負うのは、毛髪形成の為に欠かせないタンパク質「ケラチン」です。ケラチンについては「ケラチンを育毛に役立てる」の項などでも説明していますが、毛髪はほとんどが、この成分で成り立っています。この性質が変化させられると言う事は毛髪のアミノ酸バランスの乱れを意味しますから、それが育毛や発毛に影響し、薄毛や抜け毛を引き起こすケースは十分に想像できます。
 

KATEGORIE***

毛髪の基本(00)

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。