×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

botan 育毛剤×抜け毛育毛の基本botan 育毛剤×抜け毛

■□ 育毛阻害でも使われる理由 □■



Close up 育毛剤×抜け毛

育毛に良くないモノがなぜ?

前項「薄毛にならない為の「植物系」で育毛や薄毛防止のためには「界面活性剤」の中でも植物系の「純せっけん」が有効である事は話しました。影響が大きいのは石油を基にした「合成界面活性剤」。では、なぜ、このような、薄毛の可能性を高め、育毛の効果を薄めるような化学物質が私達の日用品に含まれているのでしょうか。

 
BE USEFUL***

育毛効果を薄める高い浸透

「合成界面活性剤」は育毛や薄毛対策にはマイナスなものの、これを含ませた液剤はその品質を安定させ、汚れを落とすような商品に使用すれば、高い洗浄力を発揮します。
 

もちろん良くない事もあり、皮膚からの浸透性が非常に高い点、1度、体内に取り込まれてしまうと、私達の身体はこれを、なかなか、排出できず、蓄積してしまう点などが挙げられます。洗髪などで頭皮から取り込まれれば、当然、深く浸透し、薄毛の誘発、育毛の阻害にも関わるという訳です。

市場原理主義が育むもの

「合成界面活性剤」が有害(薄毛や育毛も含めて)と言われながら広く使用されている理由は上記の利便性に加え、企業の販売戦略、商品のコストダウンの問題も絡んできます。商品流通の規則、そこでの消費者保護に対する意識の希薄さが、企業側の「売れさえすればいい」といった姿勢を育んでしまっているように思います。
 

KATEGORIE***

毛髪の基本(00)

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。