×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

botan 育毛【最前線】薄毛育毛の基本botan 育毛【最前線】薄毛

■□ 育毛と清潔志向 □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

育毛や薄毛の問題だけではない

「合成界面活性剤」の影響はもちろん、育毛や薄毛だけに限定的に及ぶものではありません。体内に取り込まれれば「酵素タンパク」に影響し、その働きを滞らせてしまうのです。これは最悪の結果としてガンにさえ繋がってしまいます。育毛や発毛への問題はほんの一部に過ぎないと言えます。

 
BE USEFUL***

薄毛は皮脂の落としすぎ!?

育毛阻害と薄毛進行を促すといった意味で「合成界面活性剤」のもうひとつの特徴は「頭皮の皮脂を過剰に落としてしまう」点です。
 

皮脂のまったくない頭皮、つまり清潔すぎる頭皮に「合成界面活性剤」が付着すると、これは、簡単に頭皮に浸透してしまう為、育毛や発毛への悪影響がより濃く現れてしまうのです。

育毛阻害のシュミレーション

頭皮から深く浸透した「合成界面活性剤」は毛母細胞を攻撃し、育毛や発毛に必要なエネルギーを奪います。毛髪が成長不良を起こせば、当然、抜け毛や薄毛(男性型脱毛症)の恐れも高まります。
 

抜け毛の増加が「ストレス」となり、さらに、ヘアサイクルを乱してしまう事もあり、非常に、薄毛対策の取り難い環境が整ってしまうのです。このように抜け毛や薄毛進行の条件が揃ってしまうと、効果の高いと言われるような育毛剤や発毛剤を使用した所で、思うような結果は望めないでしょう。
 

これは「合成界面活性剤」を切っ掛けにして、薄毛、育毛阻害要因が複合的に関わりあってしまう最悪の場合のシュミレーションですが、こういった事も起こらないとは限らないのです。
 

KATEGORIE***

毛髪の基本(00)

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。