×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

育毛の基本

■□ 毛髪とキューティクル □■



Close up 薄毛,育毛剤【最前線】抜け毛,発毛

キューティクルの形状

キューティクルの形状は、よくウロコ状、瓦屋根状といわれるのをご存知の方も多いのではないでしょうか。一辺が50ミクロン、厚さが0.5ミクロンの細胞が数層になって重なり合っているのが光学顕微鏡などで観察するとよく分かります。その為、キューティクルはそう表現されるようになりました。

 
BE USEFUL***

キューティクルの特性

キューティクルの大きな役割の一つは毛髪の本体に当たるコルテックスやメデュラを保護する事です。これは育毛にも関わる部分です。キューティクルが健康であれば、ウロコ状とも言われる、その、重なり具合、並び具合が非常に規則正しくきれいです。
 

剥がれ落ちている部分が無く、キッチリと隙間も無く並んだキューティクルはコルテックスやメデュラの水分量を良好に、また、必要なだけ保つように機能しています。キューティクルがしっかりと機能していれば薄毛のリスクは低下します。

再生能力のないキューティクル

1本の毛髪は繊維状のコルテックスをキューティクルが束ねるようにして形成されています。毛髪が私達の思うままに柔軟な性質を持っているのも、キューティクルがウロコ状、屋根瓦状の形態をしているお陰ですし、毛髪のツヤ、さらさらとした感触もキューティクルの形態によります。しっかりとしたキューティクルは育毛の大前提でしょう。
 

キューティクルは毛髪の一部ですから、当然、細胞が角質化することで作られています。角質化した組織に再生能力はありませんから、1度キューティクルが剥がれ落ちてしまった場所からは2度とキューティクルは再生する事がないという事は効果的な発毛・育毛を考える上でも知っておいてもらいたい事実です。
 

キューティクルの弱点は?
次項へ ≫
 

KATEGORIE***

毛髪の基本(00)

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。