×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

botan 育毛剤発毛×抜け毛薄毛抜け毛の原因botan 育毛剤発毛×抜け毛薄毛

■□ 育毛剤も苦戦するDHT □■



Close up 育毛剤発毛×抜け毛薄毛

抜け毛とDHT

代表的な男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が関係する事で、薄毛・抜け毛の最大原因といわれる「ジヒドロテストステロンン(DHT)」は生成されるのですが、このDHTが毛髪にどのように作用すると抜け毛は起こるのでしょうか。

 
BE USEFUL***

育毛剤も苦戦するDHT

DHTが抜け毛に繋がる仕組みですが、DHTが頭頂部や生え際で生成されてしまうと、これが、毛乳頭内にある受容体(タンパク質)と結合します。この2つが結合すると毛母細胞は発毛に関わる抑制信号をキャッチしてしまい、薄毛・抜け毛の進行に繋がると考えられています。
 

抜け毛に悩むかどうかの分れ目

「男性ホルモン型」の薄毛は「男性ホルモン」の分泌量も然る事ながら、この受容体のDHTに対する感度も問題になってきます。
受容体が積極的にDHTと結合する傾向にある体質であれば、DHT自体の分泌がそれ程多くなくても、育毛や発毛を阻害する信号を毛母細胞はキャッチするかもしれないのです。
 

もちろん、DHT分泌が多い場合も同じ事がいえます。受容体の感度が低ければ、DHTが仮に多い体質でも、毛母細胞が発毛抑制傾向を示す可能性が低い為、「男性ホルモン型」の抜け毛・薄毛に悩まされる事はないかもしれないのです。
 

発毛リズムの乱れ
 

KATEGORIE***

抜け毛の原因

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。