×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|育毛剤|抜け毛予防|毛髪知識|育毛法|薄毛対策|発毛効果|抜け毛抑制|

育毛剤×抜け毛

ホームリンクメニュー

botan 育毛剤発毛×抜け毛薄毛抜け毛の原因botan 育毛剤発毛×抜け毛薄毛

■□ 抜け毛とホルモン濃度 □■



Close up 育毛剤発毛×抜け毛薄毛

育毛剤の効果半減

「ジヒドロテストステロン(DHT)」と毛乳頭内の受容体(タンパク質)が結びついた時に発毛抑制信号が出され、毛母細胞がそれを感じ取ると、抜け毛の原因になるようなヘアサイクルの乱れなどが起こり、育毛剤なども効きづらくなります。

 
BE USEFUL***

抜け毛との因果関係

DHTと受容体が結び付く、その強さにはなぜ、個人差があるのか、現時点では詳しく分かっていません。
血中の「男性ホルモン濃度」が高ければ、高いほど、抑制信号が強く現れ、抜け毛増え、育毛剤(発毛剤)が効かなくなるのであれば、話は簡単なのですが、いくつかの研究報告を見てみても、その因果関係は立証されていません。
 

恐らくは、「先天的な体質」「後天的な環境」の内の幾つかの要素が複雑に影響しあっているものと思われるのですが、「受容体の感受性についての個人差」と併せて難しい問題と言わなければなりません。

育毛・発毛にダメージ

DHTと抜け毛・薄毛に関わる要素として、発毛抑制信号によるヘアサイクルの乱れの他にも、毛母細胞の活力の低下による頭皮の血流量低下も挙げられます。
薄毛や抜け毛の多い人はそうでない人に比べ、頭皮の血流が2割程悪いという事実もある事から、DHTによる頭皮血行の不順は育毛・発毛にとって、大きなマイナス要因になる事が想像できます。
 

育毛に役立つ食材
 

KATEGORIE***

抜け毛の原因

PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 育毛剤×抜け毛. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。